京都府精華町・けいはんな地区より、科学実践および普及推進モデル事業を目的としたけいはんなグリーンイノベーションフォーラムのウェブサイトです。
様々なイベント情報や、実践的プログラムのご紹介などを行っていきます!
facebookページにて、参加型の情報提供も行っておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

「〝もう一つの文明〟を構想する人々が語る日本の未来」のお申込みはこちらから

【参加者募集】KGIフォーラム地域の大切なモノを未来につなぐプロジェクト学習~まちづくり・地域創成第3回目のワークショップ~

2018/11/20 2:00 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/11/20 2:40 に更新しました ]

KGIフォーラムでは、地域の大切なモノを未来につなぐために、プロジェクト学習による第3回目のワークショップを下記とおり開催します。
プロジェクト学習をすることにより、問題発見力、目標設定力、課題解決力が身に着けることができます。
地域創成、地域再生・地域の課題解決力を身に着けたい方、プロジェクト学習・ポートフォリオ活用に関心のある方はぜひとも参加ください。
参加申し込みはこちらから

Faxでお申込みの方は添付資料2ページに記載の上0774-73-4005までFaxください


参加お申込みはこちらをクリックしてください

Faxでお申込みの方は添付資料2ページに記載の上0774-73-4005までFaxください

お問合せ先   Mail:office@kgi-forum.org     Fax:0774-73-4005
  

【参加者募集】地域の大切なモノを未来につなぐプロジェクト学習 ~街づくり・地域創成プロジェクト第2回ワークショップ

2018/10/31 2:34 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/10/31 20:09 に更新しました ]



KGIフォーラムでは、地域の大切なモノを未来につなぐために、プロジェクト学習による第2回目のワークショップを下記とおり開催します。
プロジェクト学習をすることにより、問題発見力、目標設定力、課題解決力が身に着けることができます。
地域創成、地域再生・地域の課題解決力を身に着けたい方、プロジェクト学習・ポートフォリオ活用に関心のある方はぜひとも参加ください。
参加申し込みはこちらから


FAXでお申込みの方は添付資料の裏面に記載し、FAXください


2018.09.07.08 KGIフォーラム地域の再生と持続的発展を考える「市民公開セミナー」+まちづくり・地域再生「第1回ワークショップ」概要

2018/10/31 0:06 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/10/31 0:17 に更新しました ]


 


平成3097日(金)、8日(土)の2日間に渡って、KGIフォーラムの主催、国際高等研究所の後援、文化庁地域創生本部・山城郷土資料館・柿渋カキタンニン研究会の協力の下に、『地域の歴史と文化を核とした「地域の再生と持続的発展」を考える市民公開セミナー」「まちづくり・地域再生第1回ワークショップ」』が開催されました。メインテーマは、地域資源活用「柿渋村」に実現に向けて。




【参加者募集】2018年度けいはんなグリーンイノベーションフォーラム ~地域資源活用「柿渋村」構想実現に向けて~ 「まちづくり・地域再生」第1回ワークショップ参加者募集

2018/08/29 18:56 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/09/13 3:06 に更新しました ]

KGIフォーラムでは、柿渋をはじめ、茶、相楽木綿、竹細工、竹するめなど歴史ある地域資源を伝承しつつ「自然とともに生きる豊かな社会」の実現のためのセミナーとワークショップを行います。地下資源依存型社会から地上資源依存型社会へのパラダイムシフトを展望しするセミナーともに、資源資源の一つの新堀として南山城地域の特産「柿渋」を未来へつなげるためにアクティブなワークショップを9月、11月1月の3回連続で展開します。プロジェクト学習やジオラマ共同製作を通じてアクティブラーニングによるワークショップの参加者を募集しています。ワークショップは今回の他に11月中旬、1月下旬の2回を予定しております。できる限り3回とも参加いただきますようにお願い申し上げます。
お申込みフォームはこちらから
第1回ワークショップの参加者はワークショップの前に開催される市民公開セミナーにも参加申込いただくものとさせていただきます




◆お申込み
お申込みフォームはこちらからか、または添付の「ワークショップちらし」を印刷し、必要事項記入の上FAXで送信ください。
FAX番号 0774-43-4005

◆お問い合わせ
KGIフォーラム事務局 MAIL:office@kgi-forum.org    FAX: 0774-43-4005

【開催案内】KGIフォーラム地域の歴史と文化を核とした「地域の再生と持続的発展」を考える市民公開セミナー

2018/08/06 22:34 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/09/05 4:01 に更新しました ]

KGIフォーラムでは、29年度に4回実施した勉強会を踏まえ、30年度は南山城地域の特産である「柿渋」をシンボルとして、地下資源依存型社会から地上資源依存型社会へのパラダイムシフトを展望し、「自然と共に生きる豊かな社会」の実現に資するため、そのモデル地域として、自然資源の活用を旨とする地域、いわゆる「柿渋村」を構想し、その実現可能性を探るため、市民公開セミナーを下記のとおり開催します。ご参加のほどお願い申し上げます。

参加お申込みフォームは こちらから

内容は以下のとおりです





◆お申込み
   お申込みフォームはこちらからか、添付の「セミナーお申込み(FAX)」を印刷し必要事項を記入後FAXしてください。

     FAX:0774-73-4005


◆お問い合わせ

     KGIフォーラム 事務局 Mail:office@kgi-forum.org     FAX:0774-73-4005


【開催案内】KGIフォーラム平成29年度小さな博物館ネットワーク形成推進事業第4回勉強会 平成30年3月15日13:30から18:00

2018/02/19 2:29 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/03/02 22:04 に更新しました ]

 平成28年度の地域資源ナレッジマネジメント研究会 「小さな博物館」ネットワーク形成推進事業の成果を踏まえ、平成29年度は南山城地域の特産である「柿渋」をテーマに「勉強会」を開催し、その発展方向を探求するとともに、「柿渋文化」の継承と「柿渋産業」の振興に貢献し、ひいては、地下資源依存型社会から地上資源活用型社会へのパラダイムシフトを構想し、「自然と共に生きる豊かな社会」の実現に資する事を目指しています。
第4回 勉強会を下記のとおり開催します。ご参加のほどお願い申し上げます。


(1)開催場所

けいはんなプラザ ボルガA(5階)
 精華町光台1丁目7番地 アクセスはこちら

(2)プログラム

   第1部 ジオラマ制作ワークショップ 13301500

       テーマ:「柿渋の里」の復元

       ~風土としての流域文化の(いろどり)を探求する。

       岡本 道康 氏(人形作家みちやす・森のねんど研究所代表)

         ジオラマ制作に向けて

   第2部 講演 15151645
       演 題:柿渋と南山城の生活文化

       講 師:横手 洋二 氏(京都府立山城郷土史料館 資料課長)

 

   第3部 交流懇談会 17001800
(4)主催・協力

主催:けいはんなグリーンイノベーションフォーラム

(地域資源ナレッジマネジメント研究会) 

連携:柿渋・カキタンニン研究会

協力:京都府立山城郷土資料館

(5)定員・参加費

定 員:第1部のみ定員20名。第2部、第3部は定員制限なし。

    参加費:無料。ただし、交流懇談会、資料代等実費として500円を申し受けます。
 (6) 参加申し込み
     参加申し込みはこちらから

     または、添付のFAX申込用紙をダウンロードし印刷し、内容を記入後0774-73-4005までFAXで送付ください
  (7) お問い合わせ先                    
office@kgi-forum またはFAX 0774-73-4005まで

【開催案内】KGIフォーラム設立3周年・『日本の未来』発刊記念シンポジウム 平成30年2月15日(木)13:30~18:30

2018/01/09 16:51 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/01/22 17:45 に更新しました ]

けいはんなグリーンイノベーションフォーラム(KGIフォーラム)では、その設立を記念して平成27年度よりほぼ1年間「〝もう一つの文明〟を構築をする人々と語る「日本の未来」」と題して5回にわたり講演会を開催してきました。このほど、その講演録を基に同じ題名の書籍を発刊しました。その発刊を記念して、同書のコンセプトである「自然と共に生きる豊かな社会」をテーマとする記念シンポジウムを下記のとおり開催します。多くの方々と本趣旨を共有し、これからの社会のあり方を探って行きたいと考えています。

お申込みはこちらから

KGIフォーラム設立3周年・『日本の未来』発刊記念シンポジウム

「社会的共通資本」としての「自然資本」の可能性について

―自然と共に生きる豊かな社会を目指してー

 





            申込:こちらからかFAXでのお申込みは添付用紙を印字し下記のFAX番号に送ってください
       問い合わせ先 E-mail office@kgi-forum.org FAX 0774-73-4005) 

【開催案内】KGIフォーラム(地域資源ナレッジマネジメント研究会小さな博物館ネットワーク形成推進事業 第3回勉強会 平成30年1月25日(木) 13:30~18:00

2018/01/03 21:27 に KGI事務局 が投稿   [ 2018/01/03 21:31 に更新しました ]

平成28年度の地域資源ナレッジマネジメント研究会 「小さな博物館」ネットワーク形成推進事業の成果を踏まえ、平成29年度は南山城地域の特産である「柿渋」をテーマに「勉強会」を開催し、その発展方向を探求するとともに、「柿渋文化」の継承と「柿渋産業」の振興に貢献し、ひいては、地下資源依存型社会から地上資源活用型社会へのパラダイムシフトを構想し、「自然と共に生きる豊かな社会」の実現に資する事を目指しています。
第3回 勉強会を下記のとおり開催します。ご参加のほどお願い申し上げます。
参加申し込みはこちらから

(1)開催日時

2018(平成30)年125() 1330分から18時まで

(2)開催場所

けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)3階「会議室」

(3)プログラム

  1. ジオラマ制作ワークショップ 13301500

    テーマ:「柿渋の里」の復元

    ~風土としての流域文化の(いろどり)を探求する。

    岡本 道康 氏(人形作家みちやす・森のねんど研究所代表)

             ジオラマ制作に向けて

  2. 講演 15151645

    演 題:柿渋の科学とその応用(仮)

    講 師:松尾 友明 氏(柿渋・カキタンニン研究会会長)


  3. 交流懇談会 17001800 



(4)主催・協力

主催:けいはんなグリーンイノベーションフォーラム

(地域資源ナレッジマネジメント研究会) 

連携:柿渋・カキタンニン研究会

協力:京都府立山城郷土資料館

(5)定員・参加費

定 員:第1部のみ定員20名。第2部、第3部は定員制限なし。

参加費:無料。ただし、交流懇談会、資料代等実費として500円を申し受けます。

 (6) 参加申し込み
    参加申し込みはこちらから

    または、添付の申込書を印刷し、0774-73-4005までFAXで送付ください

【書籍刊行】「”もう一つ文明”を構想する人々が語る日本の未来」けいはんなグリーンイノベーションフォーラム編を11月20日に発刊しました

2017/11/21 5:04 に KGI事務局 が投稿   [ 2017/12/31 11:56 に更新しました ]

「けいはんなグリーンイノベーションフォーラム(KGIフォーラム)」の企画編集、池内了先生監修により、この程、標記の書籍(啓文社書房)を刊行しました。

 

その内容は、KGIフォーラムが、この間「けいはんな丘陵からグリーンイノベーションの風を!」をキャッチフレーズに、標題のタイトルで開催してきた5回のフォーラムの講演内容を取りまとめたもので、そこでは、ゲスト10名の方々によって様々な視点で「緑」を核とした文明が探求されています。

 

ゲストには、秋山豊寛氏(日本人初の宇宙飛行士)、印南敏秀氏(京都府立山城郷土資料館元学芸員・愛知大学教授)、内山節氏(哲学者)、熊野英介氏(アミタホールディングス株式会社代表取締役会長・社長)、千田二郎氏(同志社大学理工学部教授)、田中克氏(京大名誉教授)、鳥居敏男(環境省自然環境計画課長)、内藤正明氏(滋賀県琵琶湖環境科学研究センター長)、長尾真氏(国際高等研究所所長)など多士済々です。

 

企画編集員の一人であるKGIフォーラム幹事の三宅(高等研参与)が、あとがきで述べているとおり、「書籍出版は‶終着点〟ではなく‶出発点〟である」であり、「今後、『緑』を核とした〝もう一つの文明〟を探求する『志』ある人々との共同活動の‶出発点〟となること」を望んでいます。

 

本書は、1120日から一般書店でも取り扱われることとなっており、次代を構想する人々、特に若い世代の人々に、広く読まれることが期待しています。    (定価2,000円)

【開催案内】平成29年度 KGIフォーラム(地域資源ナレッジマネジメント研究会)  「小さな博物館」ネット―ワーク形成推進事業 第2回 勉強会

2017/11/21 4:07 に KGI事務局 が投稿

平成28年度の地域資源ナレッジメント研究会 「小さな博物館」ネットワーク形成推進事業の成果を踏まえ、平成29年度は南山城地域の特産である「柿渋」をテーマに「勉強会」を開催し、その発展方向を探求するとともに、「柿渋文化」の継承と「柿渋産業」の振興に貢献し、ひいては、地下資源依存型社会から地上資源活用型社会へのパラダイムシフトを構想し、「自然と共に生きる豊かな社会」の実現に資する事を目指しています。
第2回 勉強会を下記のとおり開催します。ご参加のほどお願い申し上げます。

第2回勉強会のお申込みはこちらから

1.開催日時

2017(平成29)年12月7() 1330分から18時まで

2.開催場所

けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)3階「会議室」

3.プログラム

第1部 ジオラマ制作ワークショップ 13301500

テーマ:「柿渋の里」の復元

~風土としての流域文化の(いろどり)を探求する。

指 導: 小粥 千寿 氏(デザイナー)

流域のカタチをデザインする

-「流域地図」と「流域モノサシ」-

岡本 道康 氏(人形作家みちやす・森のねんど研究所代表)

         ジオラマ制作に向けて

第2部 講演 15151645

演 題:南山城地域における「柿渋」の歴史と柿渋産業の現状と課題

(その2)- 後継者問題を中心として -

講 師:三桝 武男 氏(株式会社 三桝嘉七商店 取締役会長)

対話者:岩田  均 氏(市民大学院・京都美術工芸大学 講師)

第3部 交流懇談会 17001800

4.主催・協力

主催:けいはんなグリーンイノベーションフォーラム

(地域資源ナレッジマネジメント研究会) 

連携:柿渋・カキタンニン研究会

協力:京都府立山城郷土資料館

5.定員・参加費

定 員:第1部のみ定員20名。第2部、第3部は定員制限なし。

6.参加費:無料。ただし、交流懇談会、資料代等実費として500円を申し受けます。

7.お申込み

お申込みはこちらから


8.問い合せ先:KGIフォーラム事務局 E-mail office@kgi-forum.org

        FAX0774-73-4005




 


1-10 of 30